僕が死のうと思ったのは - 音楽

僕が死のうと思ったのは

まりも

昨日中島美嘉さんのライブに行ってきました。

仕事終わりからのライブはGWで渋滞知らずの道がまさかの渋滞!!
到着したのは開演時間でしたが、お決まりのように始まりが
遅れていたので問題なく楽しむことが出来ました。

私は特別に中島美嘉のファンという訳ではありません。
でも昔から好きなアーティストだったのでチケットを取りました。

そして本編のラストの曲として歌ってくれたのが「僕が死のうと思ったのは」

私はこの曲を初めて聞いたのですが、涙が流れました。


「僕が死のうと思ったのは 冷たい人と言われたから
 愛されたいと泣いているのは 人の温もりを知ってしまったから

 僕が死のうと思ったのは あなたが綺麗に笑うから
 死ぬことばかり考えてしまうのは きっと生きる事に真面目すぎるから

 僕が死のうと思ったのは まだあなたに出会ってなかったから
 あなたのような人が生まれた 世界を少し好きになったよ

 あなたのような人が生きてる 世界に少し期待するよ」



初めて聞いた曲に涙したのことは今まで一度もなかったと思う。

歌詞の内容に相反して、彼女がやさしく心を込めて
歌っているのですっと心の中に入りました。

帰ってからこの曲を探してみたら2013年に発売されていた歌だったんですね。

最近彼女がこんなにいい歌を歌っていたなんて・・・

素晴らしいアーティストになりましたね。

そしてライブでこの曲を知ることができてほんと、よかった。


スポンサーリンク

Posted byまりも

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply