大晦日の出来事 - 日記

大晦日の出来事

まりも

大晦日の夜は友達夫婦の家で過ごしました。

私の肺転移を知ってすぐに電話してきてくれた友達。
その時に私が年末ギリギリまで仕事だと説明すると
大晦日にうちにご飯を食べにおいでと誘ってくれました。

小学生の子どもが2人いるのに大晦日に家に呼んでくれるとは
誘いに乗ってもいいものか??と一瞬悩みましたが
私を心配して誘ってくれているのがわかりましたので
お言葉に甘えてお邪魔しました。

そしてもう一つびっくりしたのは、まだ新婚さんである
幼なじみも来てくれていました。
新婚さんなのに、旦那さん一人にして…本当に大丈夫??
でも、すごく嬉しかったです。

今夜はお鍋にすると聞いていましたが
なんと、私の大好きなカニすきを用意してくれていました!!
たくさんのカニをいただきながら、お互いの近況報告
その後、ちびっ子達とトランプゲーム、ウノ、ジジ抜き
ジェンガで遊んでいると気分はお正月♪♪

あまりにも楽しくて子どもに戻ったようでしたヾ(o´∀`o)ノ

その後、私の病気の話に戻り・・・
今後どうするのかを尋ねられ、私の今の気持ちを伝えました。
この時、私は手術以外の方法で治療する気持ちになっていました。

すると医療従事者の幼なじみが

「ラジオ波治療はできないのかな?」

私はびっくり!!
ラジオ波治療のことはこれから話をしようと思っていて
今夜のメンバー、誰一人にも伝えてなかったからです。

話を聞くと、私の癌が肺転移したと聞き
よい治療法はないかと、調べてくれていたんです。

それから大人4人でラジオ波について調べ
一番気がかりな適応か不適応なのかを話し合いました。
結局私達だけでは結論が出る訳もなく、終わったのですが
友達が「ラジオ波は痛いのか」でワード検索して
すっごく痛いということだけわかりました(笑)

大晦日に家に呼んでくれただけでも嬉しかったのに
私の為にいろいろ考えて調べてくれたことが本当に嬉しかった。

今回、弱気で逃げ腰な発言をして心配かけてごめんなさい。

みなさんのおかげで、ようやく前向きな気持ちで
治療をする気持ちになりました。

スポンサーリンク

Posted byまりも

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply