陶板浴の好転反応? - がん

陶板浴の好転反応?

まりも

今日は陶板浴へ行ってきました。

場所は自宅から車で一時間ほどの温泉施設。

2年前に友人からがんに陶板浴が効くらしいと教えてもらい
定期的に通っています。

陶板浴は岩盤浴よりも高温ではなく、汗をかくことよりも
体温を上げることを目的とすると書いてあります。
つまり免疫力アップということですね。


陶板浴の基本的な利用方法は

陶板浴20分→休憩10分→陶板浴20分→休憩10分→陶板浴20分→休憩10分

その後、温泉で炭酸泉20分→蘇生の湯10分

とHPには記載されています。

今回は時間にも余裕があったので温泉の入浴順も説明通りにやってみました。

それからジェット風呂を楽しみ、トータル4時間滞在しました。

しかしここからがいつもと違いました。

私はお風呂上がりはいつも若干のぼせ状態になります。
今回も少しのぼせてバスタオルにくるんだままじっとしていました。
それからは回復して自分の運転で帰ってきたのですが
帰宅後頭痛が激しくなり、何もできない状態になりました。
もしかしてこれが好転反応!?と思いネットで調べるのですが
文字を見ると気持ち悪くなり結局ロキソニンを飲んで寝ました。

2時間ほど休むとすっかり元気になりましたが
これは好転反応だったのでしょうかね。
とりあえず一緒に行った友達が心配になり連絡をして
ただ今返事待ち中です。(→元気でした\(^o^)/)

来月の検診までにもう一度行こうと思っているのですが
次回は温泉を短めにしようかな。
元々温泉好きなこともあり、温熱療法の陶板浴は気に入っているので
今後も継続して続けて行こうと思います。

関連記事
Posted byまりも

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply