病院との付き合い - 腺様嚢胞癌

病院との付き合い

まりも

本日県立病院での診察、MRIの日。

まずは本題から。

4月の異動により主治医が変わりました。
2月以来の福井なので、初顔合わせでまずはご挨拶。

毎度のことだけど、陽子線の先生って画像の説明だけなんだよね。
今回も前回撮影した画像の比較により癌は制御されています。
つまり経過は良好ってこと。
地元の病院でリンパ節の転移箇所の大きさが7㎜
確認されていることを話したけれど、
「どこのことですかねぇ
また撮影した画像を持ってきてください」
って言われちゃった。
そして2時間40分かけて来たけど、先生とのお話10分で終了~


正直、この病院に通う意味があるのか疑問だわ。
地元の先生はきちんと触診もしてくれるし、口の中もみてくれる。

MRIなら地元にもあるし、もう福井来なくていいんじゃないかしら???

以前地元の先生に同じことを相談した時は
治療した病院とは繋がりを持っておいた方がよい
って言われて思いとどまったけど、もう一度話してみようと思う。

実は今回、前泊で福井にやってきました!
金沢に出張に行く友達を巻き込んで芦原温泉で一泊したあと病院へ♪

いやぁ~こうでもしなくちゃ病院通い続けていけませんから( ̄Д ̄)ノ

もちろん、お金はなくなるけどね(笑)

関連記事
Posted byまりも

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply