福井で手術します - 腺様嚢胞癌

福井で手術します

先週に続き、福井へ行ってきました。

今回は外科を受診します。

こちらの病院の外科はがん医療センター内にあります。

今回受診するにあたり、改めて県立病院について調べてみると
・中央医療センター
・陽子線がん治療センター
・がん医療センター
・救命救急センター
・母子医療センター
・こころの医療センター
・健康診断センター

なんと、7施設も存在していたのです!!

ちなみに今までお世話になってきた陽子線がん治療センターと、がん医療センターは別の建物にありまして
陽子線センターのスタッフががん医療センターまで案内してくれはりました。

診察の予約は15時。
電話で診察の待ち時間が長いので、15時ちょうどに来てもらってください
と言われたので、30分時間調整をしてから15時ちょうどに到着。

すると、3分もしないうちに呼ばれてしまったではないですか?!

あれ?もしかして若干遅刻した患者と思われたのかも(ガーン)

とにかく、すぐに診察室へ入ります。

そして先生とご対面。

写真よりも若い?多分40代前半かと思われます。

先に先生が自己紹介をしてくれはりました。

自己紹介してくれる先生って、稀なので好印象だわ。

それから今日来た目的の意思確認?
手術前提ではなく、あくまでも肺腫瘍についてお話しますとのこと。

先生はわかりやすい言葉で、ひとつひとつ丁寧に説明してくれます。
これは以前(前病院)聞かれたかもしれませんが、という言葉を添えて。

CT画像についても、足のほうから見た断面図で上が前、下が背中であることも教えてくれました。
実は今まできちんと理解してなかったので、今更ですがすごく勉強になりました。

そして図を書いて肺にある影がどこにあるのか詳しく教えてくれました。
言葉でいうと、右肺中葉の下の部分(外側)にあるようです。

大きさは10㎜とのこと。

あれ?陽子線の先生からは6.7㎜と聞いていたのに?!

そのことを伝えると、どこから計るかで変わる訳で外科の先生はもやっとしている部分も含めて計測されたようです。
つまり、最大10㎜ということですね。

そして検査について。
検査の種類としては、気管支鏡検査やCTガイド下生検をおこなうのですが
私の場合、気管支鏡が届かないところに腫瘍があること
CTガイド下生検は針を刺して腫瘍を取りにいくもので、心臓に近い場所にあるものには危険であるので向かない
つまり手術で摘出して検査兼治療をするのがよいのでは、と。

つまり気管支鏡検査については今回免除されそうです。

福井の先生はF先生と話す内容が一致していて、この時点で先生に手術してもらおうと思いました。

そして過去に腺様嚢胞癌の肺転移患者を受け持ったことがわかりました。

その患者さんは肺に多発転移が見られて、両肺を手術されたようです。

私はF先生に
「外科医に腺様嚢胞癌の知識を期待してはいけない」
と聞いていたので、執刀された医師に出会えたことはすごく嬉しかったです。

そして先生の意見を確認します。

先生は、7ヶ月経過を見ているのなら取りにいったほうが良い
という意見でした。

そして転移か原発性肺がんの確率は6:4とのこと。

転移であった場合は、部分切除
(右肺の10分の1から20分の1)

原発性肺がんであった場合は、中葉切除
(右肺の5分の1)

手術中に簡易検査でどちらの可能性が高いか判断して、切除部分を決めるとのことでした。

ここまで丁寧に説明してもらったおかげで手術への気持ちが固まりました。

今まで、私が手術の希望を伝えると即手術日が決まるパターンだったのですが今回は違いました。
手術の予約が埋まっているようで早くても9月以降になるようです。
先生方の夏期休暇の関係もあるようなのですが、思わぬ誤算が出てしまいました。
しかし今回の場合、私は急ぎの手術の分類に入らないので仕方ないです。
順番、順番、待ちましょうね。

そして飛行機で旅行に行く話をしました。
飛行機は問題ないそうです。
しかし今の現状としては、手術までに旅行に行ってはどうですか?
と、提案されました(笑)

そうですね、来月行ってこようかな(^^;;


ちなみに今回約40分、先生とお話することができました。
全て内容の濃い話だったので大変感謝しております。
その後、陽子線の先生と看護師長さんにご報告の為に陽子線センターへ。


最後にお会計の話。

本日のお支払、なんと220円!!
地元の病院ではありえない金額です!!
(ますますあの病院、ぼったくりじゃないかと・・・モゴモゴ)

しかも陽子線での診察代はタダ!!0円!!

看護師長さんが事務員さんに、今日はなしね〜
凄い!!もしかしたら医師よりも偉いのかも??(笑)

最後に看護師長さんに伝えました。

「師長さんの言葉は、F先生の言葉以上に胸に響きました
喝を入れてくださってありがとうございました」


福井のお母さん、これからもよろしくお願いしますm(_)m

関連記事

スポンサーリンク

5 Comments

Sat
2016.07.23
09:41

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/23 (Sat) 09:41 | REPLY |   
Mon
2016.07.25
03:25

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/25 (Mon) 03:25 | REPLY |   
Mon
2016.07.25
08:56

まりも  

Re: お早うございます。

坂本さま

がんになられた方がホルミシスルームを経営されているのですね。
きっと坂本さまのような気持ちで立ち上げられたんでしょうね。
いつか体験できる日を願いつつ、まずは手術に備えたいと思います。
坂本さまの熱意、十分伝わりました!ありがとうございますm(_)m

2016/07/25 (Mon) 08:56 | REPLY |   
Mon
2016.07.25
09:08

まりも  

Re: ご無沙汰しております

お久しぶりです!
お母さま共々お元気そうで安心しました。
温熱療法を始められたのですね。
おそらく他の病院で受けられているのでしょうね。
複数の病院にお世話になると、いろいろ悩むことが多くなりますよね。
私は今回福井でお願いした結果、先生同士のカンファレンスのおかげで
スムーズに手術まで話を進めることが出来ました。
少し遠回りをしてしまいましたが、結果この先生に出会えてよかったです。

お母さまも数年は経過観察という話がでて本当によかったですね。
ロシアに旅行とは、私より元気じゃないですか!?(笑)
私は長時間の飛行機が苦手なので近場で楽しみますね。

お互い元気にこの夏を乗り越えましょうね!

2016/07/25 (Mon) 09:08 | REPLY |   
Mon
2016.07.25
18:04

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/25 (Mon) 18:04 | REPLY |   

Post a comment