11ヶ月ぶりの口腔外科 - 腺様嚢胞癌

11ヶ月ぶりの口腔外科

まりも

お正月もあっという間に終わり、昨日が仕事始め
そして本日が今年最初の病院通いでした。

そうです、昨年末に予約していた地元の病院です。
地元の病院と言えば、昨年肺転移の手術の為に呼吸器外科を受診しましたが
病院に対する不信感でいっぱいになり手術をキャンセル。

それ以降、元主治医がいる口腔外科ともすっかり遠ざかっていました。

今日は歯の調子をみてもらいたくて受診。
先生と会うのは昨年2月以来です。
ドキドキしながら診察室へ向かうと、先生もなんとなくぎこちない。
私の顔をあまり見ずに、早口で喋ります。
そんな表情を見ていると、私は歓迎されていない患者なんだな・・・と。

そして福井での胸腔鏡手術のことも一切ふれずに診察台へ。
歯を診てもらうと、前歯が虫歯でした。。。
30代になってから虫歯は作らないように丁寧に磨いていたのにショック。
先生は陽子線をあてているから虫歯になりやすいんです、とフォローを入れてくれました。
早速歯の治療をしてもらいます。
麻酔なしでの歯を削ってもらって、痛いけど我慢。
10分足らずで治療は終了。

その後、歯科衛生士さんに歯の着色汚れを掃除してもらいました。
この衛生士さんとは3年以上の付き合いで何でも話せる衛生士さん。
先生がいないときに、こそっと衛生士さんに話を聞いてもらいました。
病院との付き合い方に悩んでいたこと、そして私みたいな患者
先生はやりづらいのでは…と思っていることを話していると
ひょっこり先生登場(汗)

先生は私と衛生士さんが内緒話をしていたので「ん?」という表情。
間が空いて、衛生士さんが「まりもさん、先生に気を遣ってはるんですよ」

そんな風に衛生士さんが言ってくれたので私も先生に思っていることを伝えました。
「先生、私みたいな患者はやりづらいですよね・・・」
すると

「そんなことはないですよ、来てくれるほうが安心しますよ」

私は何も言えず、涙だけがポロポロ出てきました。
ずーっと、ずーっと思っていたことを伝えられたことと
思いがけず嬉しい言葉をかけてもらい、胸が熱くなりました。


その後衛生士さんが、確かに陽子線治療をした患者さんは他にいません
でも口腔がんの患者さんは何人もいらっしゃいますよ、と。
3年前、私が愛知と静岡のがんセンターの選択を迫られていたことも
覚えていただいてて、私達はまだ近い福井で治療が決まってよかったね
と話をしていたんです、と当時のことを伝えてくださいました。

その後、先生が戻ってきて最初の表情よりも穏やかな顔で
福井での胸腔鏡手術はどうでしたか?と話をしてくれました。

最後に気になっている陽子線治療の晩期障害について尋ねてみました。
陽子線治療の晩期障害で、歯が抜けると説明を受けています。
歯茎が下がって歯が抜けるようなのですが、その時期を聞いてみると
今の私にその症状は出ていませんでした。
3方向から陽子線を照射しているので、歯茎へのダメージは分散されているようです。

次の診察は4月6日。
次回の予約表はいつものACCフォローから口腔内チェックに変わりました。
今後もよろしくお願いします。




関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
u_u  
No title

まりもさん、良かった良かった。

先生も気まずかったんですね、きっと。
いいタイミングで和解?できて、良かった…

大切なことですもん、
信頼関係大事ですよね。
心から安心して何でも話して相談できないと。


と言いつつ。
私は今の担当先生、良い先生なので
とても信頼していますが…

にんじんジュース、どうなのでしょう?
が、聞けないです(・・;)

にんじんジュースや、玄米ご飯が良いと
民間療法では言うけど
入院しても病院食ではそういうの、出ないし。

こちらとしたら、
少しでも可能性あることはやりたいと思うけど。

お医者様達は民間療法について
どう思ってるのでしょうかね。

聞きづらいもんです…

2017/01/06 (Fri) 01:06 | EDIT | REPLY |   
まりも  
Re: No title

いつも親身になっていただきありがとうございます。

そうですね、先生も私と同じ気持ちだったのかもしれないですね。
先生と言えども一人の人間ですからね、気持ちが顔に出るのは自然なことですよね。
上手い具合に、衛生士さんが間に入ってくれたので和解できたように思います。

ところでにんじんジュースですが、私は昨年の4月から毎晩お風呂上がりに飲んでいます。
母が試行錯誤の末、にんじんとりんごと国産レモンを合わせて作ってくれます。
リンゴの品種やレモンが輸入品だと美味しくなかったりするので、安いものではないのですが
今の味に辿り着いてからは、飽きずにほぼ毎日飲むようになりました。
食事療法も同病の方から糖分を断つことなど教えていただいたのですが
なかなか実践できていません。
美味しいものを食べるのことに幸せを感じてしまう私には難しいです(^^;;

2017/01/06 (Fri) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply