婦人科定期検診2017 - 子宮筋腫

婦人科定期検診2017

まりも

2017年2月14日(雪)

尿路結石という非常事態で婦人科を受診しましたが
痛みがピーク時よりも落ち着いてきた為に先生にざっくり相談してみました。

それは子宮筋腫のことです。

先生は筋腫の大きさを簡単に説明されました。
痛みと闘いながら聞いていたので正直あまり覚えていないのですが
私の記憶では前回と同じぐらいの大きさだったかな。
大きさを伝えた以降は、特に筋腫について何も語られませんでした。

前なら先生のほうからいろいろ具体的な説明があったのに変だな・・・

そう感じたことは後に原因がわかりました。

しかしその時は先生からのお話がないのでこちらから現在出ている自覚症状
お腹の圧迫感、違和感、頻尿について一つずつ説明をしました。

それでも、この大きさならそれはあるでしょうね、と頷くだけ。

結局は治療するかしないかは患者の意思しだいということですか?

と尋ねると、良性腫瘍なのでそうなります、前回貴方は手術はしたくないと言っていましたよね、と。

今日の先生は、今までのような熱意が感じられず話をしていても何だか肩透かしをくらったよう。

もしかして私のがんが肺に転移しているという状況を考えてのことなのかな

そんなことが頭をよぎった診察でした。

診察室から出て、待合室に戻ると、母が担当の先生は誰か尋ねてきました。

名前を告げると、目の前の掲示板にその先生の名前があり3月で退職されるとのこと。

もしかして、もう自分が診ることができないからあのような言葉しか出てこなかったのかな・・・

初めて会ったときから、がんのことを心配してくれて、患者思いで熱意ある先生がこんなにも変わるのか

そんな風に思いたくないけれど、実際感じてしまいました。

28日に子宮がん検診の結果を聞きに行きます。

その日が先生と会える最後の日です。

もう一度、じっくり話をしていきたいと思います。
関連記事
Posted byまりも

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply