UAEを振り返って - 子宮筋腫

UAEを振り返って

まりも

今回子宮筋腫の治療でUAEを選択してみての感想。

術中は想像よりも痛みもなくとても身体に優しい治療だと思いました。

これは院長の腕のよさによって痛みがなかったのかもしれないです。
もしくは福井での動注経験がカテーテルをすんなりと受け入れたのかなと。

動注とUAE、比べることは間違っているかもしれないですが
F先生から聞いていた通り、動注よりも術前、術後も身体がラクでした。

・術前の筋肉注射がなかった
・局所麻酔が効いたのでカテーテルを入れる際も痛くなかった
・そけい部の安静時間が2時間だった(動注4時間)


しかし術後一日経過してからの熱がね、なかなか手強かったです。

実はもうひとつ治療先の候補があったのですが、そちらは1泊2日の入院。
こんなしんどい時に追い出されるなんて、私には無理です(;д;)
UAEは入院期間が短いのがメリットですが、術後の翌日に退院しても
不安で仕方ないですよね。。。

今回病室にWi-Fiが繋がっていると聞き、パソコンも持って行きましたが
熱にうなされて思うほど使わずじまい。
昨年9月の入院をブログで確認すると、毎日更新してるではありませんか!
今回はその元気がなかった、ってか9月の私すごいね〜
もしかしたらがん治療だったから頑張って更新したのかもしれないですね。


さて、嘔吐しながら治療の説明を受けた2日後
先生はもう一度、一から治療の説明をしてくださいました。
冷酷人間だと思ってたけど、そうじゃなかった、ありがとうございます。

この先生は院長と一緒に治療をしてくださった先生。
治療の時が初対面でした。
まずはCT画像で血管に塞栓物質を流す前と、その後の比較。
筋腫が黒く写っていたのが、術後は消えていました。

一通りの説明を聞いた後、私から卵巣についての質問をしました。

私は卵巣嚢腫も患っており、UAE治療で小さくなればいいのにな
という淡い考えを持っていました。
それについては、塞栓物質が卵巣にも流れ込んでいるので
小さくなる可能性はあるかもしれない、という答えでした。

次回は、術後一ヶ月検診です。

来月は福井に地元の病院、そしてクリニックと通院のオンパレードです。

またせっせと病院代を稼がなければ〜

頑張ります!

スポンサーリンク

Posted byまりも

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply