がん患者ががん保険の勧誘を受けた場合 - 腺様嚢胞癌

がん患者ががん保険の勧誘を受けた場合

まりも

今日の午前中の出来事です。

郵便局に満期になっているお金の払い戻しに行ってきました。
手続きを終えて帰ろうとした時、がん保険のお話をもってこられたのです。

話によると2年前から郵便局でもがん保険の取扱をはじめたそうです。

この郵便局は簡易郵便局で、田舎の小さな郵便局。
自宅から徒歩2分のところにあります。
つまり地域密着型の郵便局で、窓口の人とは顔見知りです。

そんな人からがん保険の話を振ってこられた場合、どうします?
私は説明を聞きつつも、どうしようかな〜と考えながら相づちを打っていました。

そして思案した結果
がん患者であることと既にがん保険のお世話になっていることを伝えました。

するとやはり動揺され、こちらも、あ〜ごめんなさい。。。って心境に。

でもこれでいいんですよ。
これからもお付き合いのある郵便局なので、今後のことを考えると
きちんと話をしておいたほうがお互いにとってよいのです。
もう勧誘されることはないしね。

同世代であろう、郵便局のお兄さん、困らせちゃってごめんね。
郵便事故に遭った時も、丁寧に対応してくれたあなただから適当にごまかさなかったのかもしれないです。

今考えればがん保険に入っています、で止めてもよかったのかも・・・
でも古い保険から乗り換えませんか?って言われたらまた話が長くなるしね(^^;;

多分この話を母にしたら、嫌な顔されるだろうな〜
うちの母は娘ががんであることを隠しておきたい派なので(^^;;
ということで、この話は内緒にしておきます(-∀-)
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
けんじ  

全部正直に話すのもエネルギーがいりますし、適当にごまかすのも意外とエネルギーがいりますよね。。。僕の場合は聞き流してるつもりでも多分色んなネガティブな感情を抑えながらそれなりに相槌打ったりするから身体もストレスを感じて疲れるのかな~と思ってます。
今回のようなこと僕も経験あるので、考えさせられました!!

2017/08/29 (Tue) 20:53 | EDIT | REPLY |   
まりも  
Re: タイトルなし

けんじさん、こんばんは

コメントいただきありがとうございます。

そうそう、適当にごまかすのって結構難しいんですよね(^^;;
ごまかすにもごまかしようがないというか・・・(笑)

> 僕の場合は聞き流してるつもりでも多分色んなネガティブな感情を抑えながらそれなりに相槌打ったりするから身体もストレスを感じて疲れるのかな~と思ってます。

治療から1年以内ですからね、不安もあるでしょうし日々の生活の中で無意識にストレスは蓄積されていると思います。

特にがんになったことを会社や友人に内緒にしている方は相当負担になっていると思います。
2人に1人ががんになる時代と言われていても、特に若い世代(一応私達もね(^^;;))では
がんになったと言えば、相手に衝撃を与えてしまいますからデリケートな問題になるんでしょうね。

2017/08/29 (Tue) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply